チコデザ

- 一般カテゴリ -

- TシャツMENU -

- info -

チコデザ

デザインコラム

デザインコラム - 未経験デザイナー転職

30代から未経験でデザイナーに転職した時の失敗・成功談

 パソコンとかわいいイラスト

30代中からwebデザイナーに転職した経験を生かし同じ心境の人の為に記事を書いてみました。これから転職を考える人に向けた記事です。

  • チコデザへトップページへチコデザ   >   
  • デザインコラム   >   
  • 30代から未経験でデザイナーに転職した時の失敗・成功談
  • 30代中からデザイン業界への転職を夢見る方へ贈る記事。

    著者:fool foolさん
  • この記事の観覧数 1334 Views
    更新日 2015年07月25日

サービス業からデザイン系の仕事へ

夕焼けの海で遠くを眺める男

こんばんわ。僕は若い頃から仕事を点々とし、サービス業を約12年行った後に全く未経験のデザイン系(web)に転職した時の失敗談と成功談を好き勝手に語りたいと思います★

もしかしたら、同じ心境の人が少なからずいるのでは?と思いこんな僕でも少しは人のお役にたちたいと思いペンを走らせました。

ぶっちゃけて、言うと30代中頃から他の未経験の業種を目指すのはそれなりの覚悟と計画が必要です。又、僕が転職前に色々苦労した事もありのままを執筆していきたいと思っています。

計画は1年以上前から立てる

地図とコンパス

僕の計画は実を言うと転職の1年半前くらいから計画をしていました。これは家族を抱えてたという事もあり、ちょっぴり慎重になったからです。あまり先を考えず、行動してしまうタイプなのですが、今回は慎重に行動し綿密な計画しました。今になって思うのは計画通りに行かなくとも、ある程度の計画を練っておいて良かったと感じています。

今回はサービス業→webデザイナーへの転職ですが、現在の状況に当てはまりそうな人は次の事を理解し、慎重に計画を立てましょう。

  1. まずは資金とお金の計算をしよう!
  2. 下調べはいっぱいした方が良いけど惑わされてはいけない。
  3. 体調管理はしっかりと!
  4. 重要なのは転職した後の事
  5. 転職する理由をもう一度整理してみよう!
  6. 準備が出来たら行動を!

まずは資金とお金の計算をしよう!

お金と電卓

どんな会社に転職するか?を考える前にまず、お金の計算をしてみましょう。転職をすると言っても20代の頃とは違いすぐに就職先が決まるわけもなく、その期間は収入が無いのできちんと考える必要があります。

退職金があるならそれも視野に入れておいても良いかもしれませんが、現在の貯蓄がいくらあるのか?無職の期間=自由な時間はどのくらい確保できるのかも変わって来ます。

僕はちなみに現在の仕事内容は全くの未経験だっため、6ヶ月間の職業訓練に通うことを計画しました。家族がいるので最低でも月間20万は何もしないで掛かりますので20万×6ヶ月=120万円+就職活動期間のお金が必要になります。

もちろん、退職金や貯蓄がある人は有効に活用すべきです。技術職の場合は未経験=何もできないになってしまうので自由な時間を手に入れ学習する必要があります。

お金がない…という方はまずは○○円溜めよう!など目標を作り、その期間に独学で学び続けましょう。目標の資金に到達したら行動します。

下調べはいっぱいした方が良いけど惑わされてはいけない。

黒板に描かれたtrueとfalseの文字

転職する前はその仕事が本当にしたい仕事なのか?などを入念に調べ尽くすのですが、色々なデマや正確な情報があまりにも少ない事に気付きます。僕の例に出すとネット調べてみると『国家資格以外は役に立たない』や『30代中から未経験の職は無理』、『職業訓練なんて本当に意味が無い』など様々なネガティブな意見も気になりました。

しかし、今になって思う事はこのネガティブな情報は何一つ当てはまらなかったと実感しています。同じ就職を目指す人の中にも同じ様な考えの方がいましたが、僕が思うのは結局は自分次第という事です。

資格の有効利用

僕がデザイナー職に転職する前の6ヶ月間で目指したのは資格の取得でした。職業訓練の時間と寝る時間意外は全て資格取得の為に勉強をしました。そこで取得した資格はPhotoshopエキスパート、Illustratoraエキスパート、webクリエイター上級、色彩検定2級でした。途中Flash検定も考えたのですが、6ヶ月間の時間では足りなく断念しました。

国家資格ではなく、あまり意味がないとか、資格の名目だけの資格なんて、知人から良く言われましたが、僕にとっては今現在もこの資格の力が役に立っています。

資格を有効に利用する為には資格を取る為だけに勉強するのではなく、資格を技術習得の為の機会にするという事です。

確かに転職する時に国家資格があるのと無いのでは就職に響く可能性がありますが、資格習得の為だけを目標に勉強するのは時間が勿体なく身に付かないので完璧にマスターする為に勉強をするという考えに転換しましょう。

体調管理はしっかりと!

頭を抱えて悩む男性

転職とは自分との戦い、そして孤独でもあります。時間がなく他の人とコミュニケーションをとる事も少なくなります。家族が居る方は自分が抱えている大きな責任があるためプレッシャーです。

この期間に悩みすぎると鬱病になる可能性もあり、多くの人が発祥しているのも事実です。就職できない、なぜ会社を辞めたのか…考えが甘かったなど色々な悩みがあると思いますが、少しでもなんか変だな?とか何もやる気にならないなどの自覚症状がある場合は精神科を受診しましょう。現代では珍しくないので恥ずかしがらずに受診してください。

万全な体制で学び、転職戦争に勝つ為には体が第一です。冷静に考え行動する為にも体調管理は常に気をつけて下さい。

重要なのは転職した後の事

崖の上にある2つの家と遠くの景色

転職前より、転職後の方がずっと厳しい…と感じる事は多くありました。自分の目指していた職業とはちょっと違う。あるいは想像と全く違った、というのは良くある事で、自分に全く合わない仕事だったと思うかもしれません。

転職後のハードな仕事内容について行けない場合は無理してしがみつくより、他の就職先を探すのが無難場合があります。もう一度良く考えて自分の力が発揮出来る就職先を見極めましょう。自分が最終的に何をやりたいのか?など強い志があれば多少ぶれてもまっすぐ進む事ができます。

転職する理由をもう一度整理してみよう!

と、ここまで自分の経験を語りましたが、最後に今転職を考えている方へ転職の理由をもう一度考えてみましょう。転職を成功させる為には強い志が必要です。『上司が嫌いだから』などの理由ではないでしょうか?今現在の給与と転職後の給与を天秤にかけてそれでも新たな仕事に就きたいのか?などを考えてみましょう。

転職前の自分と今の自分

結構好きに語りましたが、いかがでしょうか?30代からの未経験の職業への挑戦ですが、『やった!自分の好きな仕事に就けた!』とそこで結構燃え尽きてしまう場合もあります。大変なのは転職後の話です。自分に本当に合っている仕事なのか?と悩んでいる方も多いと思いますが、一番肝心なのは『なにがやりたいか?』を明確にする事です。これが決まっていれば迷っても進めるはずです。夢は夢ではなく必ず実現できるはずです。その為には強い志を持ち道を切り開く事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を書いた人

foolさん

Tシャツデザイナー
30過ぎで他業種から未経験のweb屋に就職。普段はIT系の職業ですが、グラフィックデザインに興味があり現在も修行中。イラストが大好きで趣味でいつも絵を描いていますが、とても飽きっぽく気まぐれなので常に違う絵を描いています。現在は一時メンバーで参加中。

foolさんの記事をシェア★

この記事に関連する記事