チコデザ

- 一般カテゴリ -

- TシャツMENU -

- info -

チコデザ

デザインコラム

デザインコラム - 自作Tシャツの作り方

【自作】オリジナルTシャツの作り方★web上で作成からアイロンプリントまで

 【自作】オリジナルTシャツの作り方★web上で作成からアイロンプリントまで

オリジナルTシャツを作る様々な方法。プリント屋さんに頼んだり、便利なwebサイトを利用したり、アイロン転写シートを使用した自作の方法など世界に一つだけのグッズ作り方。

  • チコデザへトップページへチコデザ   >   
  • デザインコラム   >   
  • 【自作】オリジナルTシャツの作り方★web上で作成からアイロンプリントまで
  • オリジナルTシャツの作り方をご紹介!

    著者:fool foolさん
  • この記事の観覧数 1125 Views
    更新日 2014年01月04日

【自作】オリジナルTシャツの作り方★web上で作成からアイロンプリントまで

色々あるオリジナルTシャツの作り方について

オリジナルTシャツを作るに当たってどんなシーンがあるだろうか?クラスTシャツ、やチームTシャツ又はお祝い事に世界に一つだけのオリジナルのグッズとしてプレゼントしたりと 色々なシーンがあると思います。 でも大量に注文しないと安くならなかったり、色数によって価格が高くなったりする場合があります。
今ではオリジナルTシャツを扱うwebサイトやショップが多くネット上に存在します。 もし『一枚だけ欲しい!』という方など参考にして下さい。

デザインTシャツ老舗のwebサイトで作る

これは僕が利用している方法で、とっても便利な方法だと思います。ネット上で全て完結してしまうので便利なのとお得な価格で1枚から作成可能です。
Tシャツ以外にもマグカップやトートバッグなどのグッズも作成可能なのでおすすめ。 ちょっとした名入れTシャツが作りたいという方にもおすすめです。

おすすめのTシャツ作成サービス

ClubT
clubt

ClubTの特徴は豊富なボディです。レディースからメンズ、VネックやUネック形も豊富で70サイズからXXXLまでの子どもから大人までの豊富なサイズとカラーも魅力的。
また、文字だけなら 色々な毛筆フォントや一般的な書体も選べWeb上で作成可能です。

SKIYAKI GOODS
upsold

Web上で作成出来るサービスでは僕が知る限りでは一番古い様な気がします。 リニューアルして他のグッズが少なってしまいました。当サイトでも多く商品を扱っていたため、若干残念です。今後の展開に期待したいと思います。

デザインTシャツ通販 T-SHIRTS TRINITY(Tシャツトリニティ)
tシャツトリニティー

こちらはボディの取り扱いは上記のサイト程ではないのですが、操作が簡単なのでお勧めです。 上記のサイト同様に簡単に自分のデザインを作成する事が可能です。

自分でデザインが出来ない人にはあまり向いていないかも知れません。 photoshopやillustratorなどのグラフィックソフト対応などが多く、自由度はあるのですが、 一般の方が利用するのであれば写真をそのままグッズにしたい人や文字のみのTシャツを作成したい方はこちらの方法が良いと思います。

方法は簡単でまず会員登録をしてログインしてweb上でデザインをします。そしてオリジナルtシャツを販売したら自分で購入するという流れです。
自分で購入する場合は割引されるので更にお得です。特に厳しい審査などはないのですが、低い解像度(小さい画像)などはプリント出来ない可能性があるので大きいサイズで入稿しましょう。

デザインが全く出来ない人のおすすめサイト

Tmix(ティーミックス)
ティーミックス

ティーミックスも上記のサイトと一緒でweb上で可能です。 しかもある程度自由度は減りますが、ちょっとしたイラストやマークが用意されており、簡単にデザインが可能なので、デザインが出来ないという人にはお勧めです。 2枚以上で送料無料(2014年1月現在)などの特典もあるのでお得です。

自宅のインクジェットプリンターでデザインを印刷してアイロンプリントで作成する。

パソコン上でデザインしてそのままインクジェットプリンターで印刷してアイロンでプリントする方法です。
普通にA4の紙に印刷する事が可能な方は好きな写真をTシャツにプリントしてみるのも良いかもしれません。
僕はクイックマートというメーカーの洗濯に強いTシャツプリントの淡色専用で3,40枚程プリントしていた経験がありますが、本当にすごい…100回洗濯しても大丈夫という謳い文句がありますが、さすがに100回は洗っていませんが 耐久性は最強だと思います。

Tシャツのアイロンプリント手順

用意するもの
  1. アイロン(コードレスタイプは使用しない方が良い)
  2. 淡色専用のアイロン転写シート
  3. グラフィックソフト(反転の必要がない場合は必要ない)

1プリントしたいイラストや写真、文字を反転した状態でプリントする。

プリンター

実際にTシャツにしたいプリントしたいイラストや写真、文字などを反転して印刷します。
反転にはphotoshopやillustrator等のグラフィックソフトであらかじめ反転しておく方法とプリンターによって印刷設定が可能な場合もあります。

特にフォトショやイラレではなくても反転のみでしたら、windowsのペイント等でも可能ですが、色調など細かな設定やある程度のデザインが可能なフリーソフトをダウンロードして おくと便利です。

特におすすめのフリーソフトはGIMP(ギンプ)でphotoshop並みとまではいきませんが、充分な機能を搭載しているフリーのソフトで簡単なデザインをするには最適です。
また、web上でも使い方を紹介しているサイトが多いので参考書の必要はなく学びやすいのも良いでしょう。

2カッティングして印刷した面をTシャツに合わせる

Tシャツと反転した文字

ハサミ、カッターで余白を5ミリ程残し印刷した面をTシャツ側にして転写したい箇所に置きます。 この時の注意点としてTシャツのボディの糸くずや細かい繊維を落として下さい。 プリントを転写時に糸くずも一緒に転写されてしまうからです。

3アイロンでプレスする

Tシャツをアイロンでプレスする

プレスする時は180度で均一に圧力をかけます。一度に一カ所ではなく5,6秒の時間をかけて数回全体重をかけてプレスします。 圧が弱すぎると後にはがれる原因になり、一カ所に圧力をかけすぎるとTシャツが 焦げてしまいます。慎重にプレスしましょう。
又通常の柔らかいアイロン台ではなく、固くて水平な所でプレスします。

4冷めてから裏紙をはがし、仕上げシートで更にプレスする

アイロン転写の仕上げシートでプレス

冷めたらゆっくり慎重に裏紙をはがします。 そして仕上げシートをその上に置き再度手順3と同じくプレスします。 この時も同様糸くず等が混入しない様に注意しましょう。

5冷めたらシートをはがして出来上がり!

完璧に冷めてからシートをはがし完成です。ドライクリーニング等は出来ないのですが、かなり頑丈に接着しています。 文字など細かい部分をカッティングして転写する際は角の部分など念入りにプレスしましょう。

実際に作成した例
アイロン転写で作ったTシャツサンプル アイロンプリントシートで転写したサンプル
写真からデザインをおこして転写したTシャツ例
Tシャツのデザイン例 アイロンプリントで作ったTシャツ例

グラデーションの表現などはほぼ完璧にプリンターの出力時と変わらずデザインが可能です。 カラーの設定は必ずCMYKカラーモードで作成しましょう。

プリント時に気をつけることまとめ

  • アイロン台は使用せず固いところでプレスすること
  • 印刷時に反転したデザインにする事
  • 温度は180度程が適温、厚すぎるとTシャツ本体が焦げる可能性があり、低すぎると転写シートがくっつかない
  • プリント面以外はなるべくハサミ、カッター等でカットする。(余白部分完璧に透明にならないので)
  • コードレスのアイロンはなるべく使用しない(温度にむらがあるため)
  • プリント時にTシャツについた糸くずゴミを除去しないとそのままプリントされるので必ずTシャツボディを奇麗にしてからプレスする事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を書いた人

foolさん

Tシャツデザイナー
一枚からお好きな時にすぐ作れるweb上のTシャツ作成サービスや方法を紹介しました!作成方法はまだまだあります!次回は違う方法も一緒に公開して行きます!

foolさんの記事をシェア★