すぐ理解!イラストレーター【パスファインダーの使い方】

初心者でもすぐわかる!分割/合体などパスファインダーの形状の変化を一つずつ説明!イラレを使いこなすならまずは覚えてほしいツール。

 2483 更新日
すぐ理解!イラストレーター【パスファインダーの使い方】
エリさん

エリ

あらゆる加工に使えるパスファインダー

切り抜いたり、型抜きしたりイラストレーターで作成した図形を加工できるパスファインダーの使い方を解説。

パスファインダーとは?

パスファインダーパネル

パスファインダーは図形やオブジェクトを分割させたり、合体させたりできるツールの事です。パスファインダーを利用すると複雑な図形を作成したり、形状の形で切り抜いたりする事が可能です。パスファインダーの効果をひと一つずつ解説致します。

合体アイコン合体

パスファインダーを合体を適用した図

オブジェクトとオブジェクトを重ねてパスファインダー合体を適用する事で一つの図形に変化します。カラーは上のレイヤー情報が適用されます。

前面オブジェクトで型抜き前面オブジェクトで型抜き

パスファインダーを前面オブジェクトで型抜きを実行した図

前面オブジェクトで型抜きはその名の通り前面のオブジェクトの形状で下のオブジェクトを型抜きします。

交差交差

パスファインダー交差を実行した図

重なっている部分を削り、一つのオブジェクトにします。カラーは前面オブジェクトのカラーが適用されます。

中窓中窓

パスファインダー中窓を実行した図

オブジェクトの重なりあった部分を削除した形状になります。又、複数のオブジェクトにも実行でき、その場合偶数のカ所が無くなった図形になります。カラーはやはり最前面が適用されます。

分割分割

パスファインダー分割を実行した図

重なり合った複数のオブジェクトを分割する事ができます。パスファインダーを実行後にShift+Ctrl(Macはcommand)+Gキーでグループ化を解除するとそれぞれ自由に編集できます。

刈り込み刈り込み

パスファインダー刈り込みを実行した図

刈り込みは重なりあったパスを分割するのですが、最前面のオブジェクトは無視されます。Shift+Ctrl(Macはcommand)+Gキーでグループ化を解除するとそれぞれのパーツが編集可能になります。

合流合流

パスファインダー合流を実行した図

合流は同じカラーの部分は結合し、他のカラーの部分は分割します。

切抜き切抜き

パスファインダー切抜きを実行した図

最前面にあるオブジェクトの形で背面のオブジェクトを切り抜くことができます。複数のオブジェクト選択も可能です。

アウトラインアウトライン

パスファインダーアウトラインを実行した図

交差した線を分割します。参考図は適用後は線幅が無いので、線幅を適用しています。

背面オブジェクトで片抜き背面オブジェクトで片抜き

背面オブジェクトで片抜きを実行した図

背面のオブジェクトの形で前面のオブジェクトを切り抜きます。前面オブジェクトで片抜きとは逆の効果になります。

パスファインダーのオプション設定

パスファインダーにはオプション設定を変更や印刷時にトラブルが起きないようにトラップという設定が可能です。

パスファインダーオプション
  • 精度
    パスファインダーで生成されるオブジェクトの精度を指定できます。
  • 余分なポイントを削除
    オブジェクトが生成される時の余分なポイントを削除することができます。
  • 分割およびアウトライン時に塗りのないアートワークを削除
    塗りのない部分は削除されます。通常時は線だけのオブジェクトでも分割時線は残りますが、ここにチェックが入っていると線だけの部分は自動で削除されます。

この記事を書いた人

エリさんエリ


日々お世話になっているillustratorのパスファインダーという機能について紹介させて頂きました。私の場合は主に使うのは分割や合体です。オブジェクトを形状通りに切り抜いてくれたり、合体できるので初心者の方は覚えると幅が広がりますよ〜

パスファインダー使用法にいいね!

  • ツイッター

  • フェイスブック